いつまでも良い目で居たい!視力と年齢の関係性

いつまでも良い目でいたいと殆どの人は考えますが、年齢を重ねるごとに視力の低下は避けられない体にあらわれる症状のひとつです。

年齢を重ねると視力が低下することは年齢と視力の関係にあり、原因は加齢によるものです。これは目だけではなく、使い続けると劣化による機能の低下のリスクが高くなることは考えられます。具体的に年齢と視力の関係が影響するのは、対象物にピントを合わせる機能の低下です。

眼球の中にある水晶体で厚みを調節して見る対象物に合わせていますが、この機能が低下することで凝視して見ないと対象物が見えなくなり、凝視しても見えなくなっていきます。加齢は水晶体以外の水晶体を調節する筋肉など眼球の周りの全ての組織の劣化を招くことにつながります。

この眼球の周りの組織には毛細血管もあり、毛細血管が細くなると血流も悪くなり、血流が悪くなると酸素や栄養などの運搬もスムーズにいかなくなります。細胞の機能が低下することで視力の低下を招くことになります。

加齢による視力低下はあるものの、できるだけ低下することを防止したいものです。そのためには、デスクワークなどの間には遠くをみるなど休息の時間をとることが大切です。負担を減らすことで機能の劣化を防止することにつながることが期待できます。

目の上に温かいタオルを乗せて血流を良くして酸素や栄養が行き届くようにすることも良い方法です。

また、食事でもブルーベリーに含まれるアントシアニンを摂ることで眼精疲労に効果的で、目への負担を減らす効果が期待できます。ルテインも目の傷ついた組織などを補うことが期待できるので、ブルーベリーとルテインはサプリメントを活用しながら摂取すると良いです。

手術いらずの視力回復法「オルソケラトロジー」

視力回復の方法として広く知られてるのがレーシック手術です。ただいくら視力を回復するためとはいえ、瞳に手術をするのはためらわれると言う人も多いかもしれません。そこで最近、注目を集めているのが手術なしに視力回復をはかることができる方法です。

この方法はオルソケラトロジーと言われています。オルソケラトロジーは、先にも述べたとおり手術不要で費用はそれほど高額でなく、しかし高い効果を見込むことができる方法です。

ではオルソケラトロジーでは、どのように視力回復を行っていくのかと言うと、これは専用のレンズを夜間のみ装着することで、角膜表面の形を凹型に矯正すると言う方法です。昼間はレンズは装着しなくても良いのですが、夜間、レンズを装着していたことで一定時間は角膜表面は凹型に保たれているので、昼間には視力が改善されていると言うメカニズムです。

装着するレンズと言うのは、ひとりひとりの角膜の形状に合わせたものが選ばれます。またこの治療を開始した際には、基本的には夜間にはずっとレンズを装着することが求められます。

もし夜間にレンズの装着を行わなかった場合には、角膜表面の矯正も少しずつ元に戻っていくため、最終的にはまた視力は元通りになってしまいます。

レンズを装着すると言う性質上、眼病などがあると言う人や、強いアレルギー、ドライアイなどがあると言う人は、オルソケラトロジーを選択できないこともあります。また事前には、この治療法が適しているかどうかの検査も行われます。ただそれをクリアすれば、レンズを自分で適切に扱うことができる人であれば、どなたでも受けられると言うのが、オルソケラトロジーのメリットです。

眼鏡がいらなくなるかも!目の筋力トレーニングのやり方

目の周囲には様々な種類の筋肉があります。これらの筋肉の力が衰えるとたるみができて老け顔になったり、まばたきがうまくできなくなってドライアイになってしまったりします。しかし筋力を鍛えるトレーニングをすると視力が回復し、眼鏡がいらなくなるケースがあります。

目の周囲の筋肉は普段ほとんど動いていません。鍛えるには意識して動かしてやる必要があります。まずは眼輪筋という筋肉の鍛え方です。

目をぎゅっとつむり、5秒キープ。そのあと大きく目を開き正面を見ます。これを5回繰り返します。眼輪筋を鍛えることでまばたきが正常に行えるようになり、ドライアイを防ぐことができます。またたるみ防止や一重が二重になるといった効果もあります。

次に外眼筋という筋肉の鍛え方です。外眼筋のトレーニングには数字探しが有効です。ばらばらに散らばった数字を1から順番に捜していきます。外眼筋が鍛えられると目の動きがスムーズになり、視力回復につながります。

現代社会ではパソコンやスマートフォンなど長時間にわたって目を含む体を動かさない状況が続くようになりました。

同じ姿勢でいると筋力は衰えてしまいます。視力の衰えにより眼鏡やコンタクトが必要になってしまった人も多いと思います。

ですがこれらの筋トレを行うことにより、視力が回復することがあります。老眼鏡が必要になってしまった人にも効果があるので、毎日少しずつトレーニングを行って、眼の機能を向上させましょう。

また、日頃から目に必要な栄養をしっかり補うことも大切です。年齢を重ねるごとに目も歳をとります。

特に「ルテイン」という栄養素は、加齢変性黄斑症などの眼病予防に必要ですが体内では作られません。なので、普段の食事+サプリメントで十分に補給しましょう。

目に良いサプリは「視力回復サプリの比較ランキング」に情報がまとめて載っていますよ。

目が腫れたら冷やすのと温めるのではどちらが良い?

目が腫れたらどう対応するのが適切か迷う場合も多いですが、何が原因で腫れたかによっても冷やすべきか温めるべきか違ってきます。目が疲れて視力も低下しているとき、血流が悪くなったことで起きているのであれば、温めることで毛細血管を拡張することができ、滞っている血流を改善させることは可能です。あまり温めすぎてもたるみが生じるので、温めた後は短時間冷やして皮膚の引き締めを行うと効果的です。

ものもらいなど、炎症が起きて腫れた症状がみられる場合は、冷やす方法が適しています。炎症が起きていると熱を持ち痛みが伴う場合もあるため、冷やすことで一時的に緩和させることが可能です。冷やす場合は、直接氷をつけたりせずタオルなどを冷やしてそれを腫れた部分にあてて優しく抑えます。力強く押さえつけてしまうと目を痛めて視力低下に至ることがあるため注意しましょう。

蚊などの虫に刺された場合も、温めるとかゆみが増すので、冷やして様子をみましょう。薬の塗布が難しい部分ですし、無意識に掻いてしまうと眼球を傷つけたり、目の奥の網膜に影響を与えて、飛蚊症になってしまうことがあります。黒い虫が飛んでいるように見えてしまいものが見えにくくなったり、悪化すると網膜剥離に至ることがあるため気を付けることが大切です。

朝目覚めたとき、目がむくみ腫れた状態になっている時には温めることと冷やすことを交互に行い、血管を緩めたり引き締めたりするとむくみの解消を早めることにつながります。