いつまでも良い目で居たい!視力と年齢の関係性

いつまでも良い目でいたいと殆どの人は考えますが、年齢を重ねるごとに視力の低下は避けられない体にあらわれる症状のひとつです。

年齢を重ねると視力が低下することは年齢と視力の関係にあり、原因は加齢によるものです。これは目だけではなく、使い続けると劣化による機能の低下のリスクが高くなることは考えられます。具体的に年齢と視力の関係が影響するのは、対象物にピントを合わせる機能の低下です。

眼球の中にある水晶体で厚みを調節して見る対象物に合わせていますが、この機能が低下することで凝視して見ないと対象物が見えなくなり、凝視しても見えなくなっていきます。加齢は水晶体以外の水晶体を調節する筋肉など眼球の周りの全ての組織の劣化を招くことにつながります。

この眼球の周りの組織には毛細血管もあり、毛細血管が細くなると血流も悪くなり、血流が悪くなると酸素や栄養などの運搬もスムーズにいかなくなります。細胞の機能が低下することで視力の低下を招くことになります。

加齢による視力低下はあるものの、できるだけ低下することを防止したいものです。そのためには、デスクワークなどの間には遠くをみるなど休息の時間をとることが大切です。負担を減らすことで機能の劣化を防止することにつながることが期待できます。

目の上に温かいタオルを乗せて血流を良くして酸素や栄養が行き届くようにすることも良い方法です。

また、食事でもブルーベリーに含まれるアントシアニンを摂ることで眼精疲労に効果的で、目への負担を減らす効果が期待できます。ルテインも目の傷ついた組織などを補うことが期待できるので、ブルーベリーとルテインはサプリメントを活用しながら摂取すると良いです。