手術いらずの視力回復法「オルソケラトロジー」

視力回復の方法として広く知られてるのがレーシック手術です。ただいくら視力を回復するためとはいえ、瞳に手術をするのはためらわれると言う人も多いかもしれません。そこで最近、注目を集めているのが手術なしに視力回復をはかることができる方法です。

この方法はオルソケラトロジーと言われています。オルソケラトロジーは、先にも述べたとおり手術不要で費用はそれほど高額でなく、しかし高い効果を見込むことができる方法です。

ではオルソケラトロジーでは、どのように視力回復を行っていくのかと言うと、これは専用のレンズを夜間のみ装着することで、角膜表面の形を凹型に矯正すると言う方法です。昼間はレンズは装着しなくても良いのですが、夜間、レンズを装着していたことで一定時間は角膜表面は凹型に保たれているので、昼間には視力が改善されていると言うメカニズムです。

装着するレンズと言うのは、ひとりひとりの角膜の形状に合わせたものが選ばれます。またこの治療を開始した際には、基本的には夜間にはずっとレンズを装着することが求められます。

もし夜間にレンズの装着を行わなかった場合には、角膜表面の矯正も少しずつ元に戻っていくため、最終的にはまた視力は元通りになってしまいます。

レンズを装着すると言う性質上、眼病などがあると言う人や、強いアレルギー、ドライアイなどがあると言う人は、オルソケラトロジーを選択できないこともあります。また事前には、この治療法が適しているかどうかの検査も行われます。ただそれをクリアすれば、レンズを自分で適切に扱うことができる人であれば、どなたでも受けられると言うのが、オルソケラトロジーのメリットです。