眼鏡がいらなくなるかも!目の筋力トレーニングのやり方

目の周囲には様々な種類の筋肉があります。これらの筋肉の力が衰えるとたるみができて老け顔になったり、まばたきがうまくできなくなってドライアイになってしまったりします。しかし筋力を鍛えるトレーニングをすると視力が回復し、眼鏡がいらなくなるケースがあります。

目の周囲の筋肉は普段ほとんど動いていません。鍛えるには意識して動かしてやる必要があります。まずは眼輪筋という筋肉の鍛え方です。

目をぎゅっとつむり、5秒キープ。そのあと大きく目を開き正面を見ます。これを5回繰り返します。眼輪筋を鍛えることでまばたきが正常に行えるようになり、ドライアイを防ぐことができます。またたるみ防止や一重が二重になるといった効果もあります。

次に外眼筋という筋肉の鍛え方です。外眼筋のトレーニングには数字探しが有効です。ばらばらに散らばった数字を1から順番に捜していきます。外眼筋が鍛えられると目の動きがスムーズになり、視力回復につながります。

現代社会ではパソコンやスマートフォンなど長時間にわたって目を含む体を動かさない状況が続くようになりました。

同じ姿勢でいると筋力は衰えてしまいます。視力の衰えにより眼鏡やコンタクトが必要になってしまった人も多いと思います。

ですがこれらの筋トレを行うことにより、視力が回復することがあります。老眼鏡が必要になってしまった人にも効果があるので、毎日少しずつトレーニングを行って、眼の機能を向上させましょう。

また、日頃から目に必要な栄養をしっかり補うことも大切です。年齢を重ねるごとに目も歳をとります。

特に「ルテイン」という栄養素は、加齢変性黄斑症などの眼病予防に必要ですが体内では作られません。なので、普段の食事+サプリメントで十分に補給しましょう。

目に良いサプリは「視力回復サプリの比較ランキング」に情報がまとめて載っていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です