溢れかえる視力回復方法論!効果があるのはどの方法?

インターネットなどでは沢山の視力回復方法論が紹介されていますが、中にはあまり効果がない方法論や意味のない方法論、又は逆効果になる方法論が掲載されていることもあります。間違った方法で視力回復を行おうとすると、逆に視力が低下するなどの危険性もあり非常に危険です。

基本的な視力の低下や目の疲れに効果があるのは疲れを癒す方法論です。疲れを癒す方法では身近な方法で簡単に実践できて確実な効果が得られます。
暗い部屋でパソコンやスマートフォンなどの電子機器を長時間操作していたり、テレビを見る際に画面に近づきすぎていると負担がかかり、疲労と視力の低下につながります。このような原因で負担が掛かって視力が低下した場合にも目を癒す方法で視力回復が行えます。

視力回復にはマッサージ方法が有効である

目を癒す方法として目の筋肉をほぐして血行を良くするというものがあります。

目で見たもののピントを調節するのが毛様体筋という目の筋肉です。毛様体筋をほぐすことで目の負担を軽減して癒すことができます。毛様体筋はピントを合わせる役割があるので、遠くの景色と近くの物を交互に見ることで筋肉をほぐしてリラックスすることができます。遠くにある山などの景色と手元の物を交互に見るだけで簡単に目の筋肉を癒して視力回復が行えます。

眼球トレーニングを取り入れる

外眼筋という筋肉には眼球を動かすという役割があります。手元でゲーム機やスマートフォンやパソコンなどの電子機器を操作していて、眼球を動かすことが少なくなると外眼筋が弱まってしまいます。手元で電子機器を使う機会が多く、眼球を動かす回数があまりない方は特に重要になります。
外眼筋は眼球を左右上下に動かすことでトレーニングが行えます。
外眼筋を鍛える方法に指を使って行う方法もあります。人差し指などを立てて上下左右、斜めに動かすことでより正確に効率よく外眼筋を鍛えることが可能です。
上下左右に眼球を動かすトレーニングに慣れてある程度行えるようになってきたら、眼球を斜めに動かしたり、円を描くように動かすなどの工夫を行うと更なる効果が得られるようになります。上下左右、斜めをに眼球を動かす場合には眼球を動かしてから3秒程度数えて眼球の動きを止めると筋肉を鍛えやすくなり視力回復に繋がります。

毛様体筋や外眼筋のトレーニングは一日に1回から3回程度行うのが適度ですが、慣れてきたら疲れない範囲で行っても逆効果になったり害が出る心配もありません。目に疲労感が溜まってきたり、うまくトレーニングが行えなくなってもトレーニングを続けていると目の筋肉に以上が出て逆効果になる場合もあります。

目の筋肉をほぐす方法と合わせて血行を良くする方法も行うとさらに目を癒すことができます。
血行を良くすることで、眼球や関係している筋肉の活動に必要な成分や栄養をしっかりと届けることが可能です。

視力回復は目の血行を良くすることが大事

目の付近の血行を良くする方法として、就寝前にアイマスクを使用してリラックスしたり、目の周辺をマッサージしてリラックスするなどの方法があります。アイマスクのほかにも温めたタオルなどでも代用が可能です。
血行が良くなれば必要な成分などが行き届き、目の負担や疲れを改善して視力回復が期待できます。
アイマスクを使用せずにマッサージをして血行を改善する場合には、目の周辺だけでなく顔全体をマッサージするイメージで行う方法やまぶたを閉じて血行を改善する方法もあります。

手を使って目や鼻やこめかみや耳の辺りを優しく揉みほぐすだけでも血行の改善と視力回復に効果があります。揉みほぐすだけでなく、指で軽く押すことでもマッサージが行え、指で押してマッサージを行う際には、リズムを意識して行うとより効果的です。指で押してマッサージを行う場合には無理な力を加えないように、軽く押すようにして、指で押す時間も最大で3秒程度にする必要があります。

まぶたを閉じて血行を改善する方法では、眼球に力を入れてまぶたを閉じることで眼球の筋肉を全体的に動かして血行を改善して視力回復を行うことが可能です。
眼球に力を入れてまぶたを閉じて、3秒から5秒程度まぶたを閉じたままで待機して、まぶたを開けて眼球から力を抜きます。この方法で血行の改善を行う場合には目に負担を掛けないように一日に3回程度で終わるように適度に行う必要があります。
このトレーニングでは眼球やまぶたを使って血行を改善するため、目の周辺の筋肉などを指で刺激する方法よりも、視力回復や筋肉の負担軽減の効果が高いです。

正しい視力回復の方法は、疲れや負担を軽減して、毛様体筋や外眼筋などの筋肉を鍛えることです。
視力低下の原因として負担が掛かる状況で電子機器を使用したり、雑誌を読むことなどで起こる目の疲れと負担や、普段から眼球を活発に使用しないことなどで眼球などに関係する筋肉が弱まっていることが挙げられます。この負担や疲れと筋力の低下の2点を改善することで効率的な視力回復が行えます。